屋久島杉といえば、環境保全運動の象徴的な樹木!
1966年5月、上屋久町小杉谷の標高1300メートル地点で、樹高30m、根廻り43mの縄文杉が発見されました。
発見された当時は、発見者(岩川さん)の名前をとって大岩杉と呼ばれていましたが、取材した新聞記者が
縄文土器の火焔土器に似ているということからこの名前を付けたと言われています。
推定樹齢は7200年、世界最古の植物ともいわれていますが、あくまで推定樹齢ですので、確かなことはわかりません。




屋久島杉の盆栽
送料無料・当社の負担
数十年前に屋久島に自生する屋久杉を採取して育てた木の球根から取り出した商品ですです。 そんな希少な種から杉を育てる事が出来ます。スーパーやホームセンターなどで販売していません、 なぜなら、種の保存を目的とし、種から育成した本物志向の商品ございます。







わかりやすい、お手入れの仕方

《 置き場所 》
日当たりが良い、窓辺で育成が出来ます。部屋の中で飾る場合は、
一週間を限度として、屋外に出し太陽に当ててください。

《水やり 》
鉢の培用土が乾いたら(白くなったら)、水を与えてください。

《肥料 》
鉢が小さいので、化学肥料ならば3粒程度です。多く与えても枯れ
ません。今年は施肥は不要です。来年3月に与えてください。

《この木は常緑樹です》


Top Pageへ戻る
(C)Copyright Tokyo Bonsai All rights reserved.